野生ラッキョウの種100粒

野生ラッキョウの種100粒

野生ラッキョウのタネです。ラッキョウは通常、既に成長したラッキョウの苗を植えて育てます。

少し時間はかかると思いますが、ネギと同じように種から育てることができると思います。苗を買うと高いですが、種は安いものです。

まずはネギと同じように種を蒔き、8月下旬~9月中旬に植えつける苗を育てましょう!


【ラッキョウについて】
ラッキョウは、ユリ科ネギ属の野菜で中国原産といわれています。非常に丈夫で、やせ地でも十分育つため、砂丘や開墾地でも栽培されています。つまり、苗(球根)を植えさえすれば数回追肥するだけで、ほとんど手をかけずに栽培することができます。8月下旬~9月中旬に植えつけると、秋に成長。翌年3~4月に若どりしたものは、エシャレットとして利用されます。一般的な中間地での収穫期は6月で、甘酢に漬けてラッキョウ漬けにします。

独特の風味があり、この風味の元、硫化アリルは、ビタミンB1の吸収を助けるといわれ、スタミナ食品とされるゆえんです。

¥ 200

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 定形外郵便(第四種郵便)小300

    全国一律 300円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する